【簡単】MacにNode.jsをインストールする方法!

installation-of-Nodejs-on-Mac-using-nodebrew Node.js

Expoを使うにあたり、
LocalでiOSシミュレータを使えた方が良さそうなので、
※GitHub Codespacesの使用(無料枠)制限も迫ってきたので・・・
自分のMacにNode.jsをインストールしてみたのでそのメモです。
同じようなことをする方の参考になれば!

はじめに

Node.jsはJavaScriptを
サーバーサイドで実行するためのランタイム環境であり、
多くの開発プロジェクトで必要とされています。

MacにNode.jsをインストールする一般的な方法の一つに、
nodebrewを使用する方法があります。
nodebrewはNode.jsのバージョン管理ツールで、
異なるバージョンのNode.jsを簡単にインストール、
切り替えることができます。

この記事では、
Macにnodebrewを使用して安定版のNode.jsをインストールする手順を紹介します。

インストール

Homebrewを使用してnodebrewをインストール

まず、Homebrewを使用してnodebrewをインストールします。
Homebrewがまだインストールされていない場合は、
公式サイトからインストールしてください。
一応インストールコマンドも貼っておきます。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

Homebrewがインストールできたら、
ターミナルで以下のコマンドを実行します:

brew install nodebrew

nodebrewのセットアップ

nodebrewをインストールしたら、
以下のコマンドを実行してセットアップします。

nodebrew setup

利用可能なNode.jsのバージョンを確認

次に、利用可能なNode.jsのバージョンを確認します。
これには以下のコマンドを使用します。

nodebrew ls-remote

安定版Node.jsのインストール

今回は、安定版(stable)のNode.jsをインストールします。
これは以下のコマンドで行います。v20.11.0

nodebrew install-binary stable

インストールしたNode.jsを使用する

インストールしたNode.jsのバージョンを使用するために、
以下のコマンドを実行します。

nodebrew use v20.11.0

nodebrew lsすると、
noneになっているので、
上記コマンドでこれを解消しています。

v20.11.0

current: none

PATHの設定

最後に、
nodeコマンドがターミナルからアクセスできるように、
PATHを設定します。

echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.zprofile 
source ~/.zprofile

このコマンドは、
nodeコマンドへのパスをシステムのPATH環境変数に追加し、
~/.zprofileにその設定を保存します。
その後、sourceコマンドで変更を有効にします。

Node.jsのバージョン確認

すべての設定が完了したら、
次のコマンドでNode.jsが正しくインストールされ、
使用できる状態にあるかを確認します。

node -v

こんな感じで出ればOK!

node -v
v20.11.0

まとめ

以上で、Macにてnodebrewを使用した
安定版Node.jsのインストールが完了しました。
nodebrewを使用すると、
必要に応じて簡単に異なるバージョンのNode.jsに切り替えることができるため、
開発において非常に便利です。

Node.jsのバージョン管理に関して、
追加の柔軟性と利便性を求める開発者にはnodebrewの使用がお勧めです!
参考になれば幸いです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました