【Javascript小ネタ】数値⇆文字列の変換

number-and-string-conversion-typeScript Javascript

Javascript (TypeScript )で、
数値と文字列の変換、どうやるんだっけ?
となったのでそのメモです。

数値を文字列に変換する方法

数値を文字列に変換するには、いくつかの方法があります。

1. String コンストラクタを使用する

let num = 123; 
let str = String(num);

2. toString メソッドを使用する

let num = 123; 
let str = num.toString();

3. テンプレートリテラルを使用する

let num = 123; 
let str = `${num}`;

これらの方法はいずれも、
数値を文字列に変換するための有効な手段です。

文字列を数値に変換する方法

逆に、文字列を数値に変換する方法もいくつかあります。

1. Number コンストラクタを使用する

let str = "123"; 
let num = Number(str);

2. parseInt または parseFloat 関数を使用する

let str = "123.45"; 
let numInt = parseInt(str); // 123 
let numFloat = parseFloat(str); // 123.45

単項プラス演算子を使用する

let str = "123"; 
let num = +str;

これらの方法を使用することで、
文字列を数値に効率的に変換することができます。

まとめ

Javascript(TypeScript)では、
数値と文字列の間での変換が簡単に行えます。
これにより、さまざまな計算や操作を柔軟に実装することが可能です。

数値と文字列の変換を行う際には、
データの型が期待通りであることを確認することが重要です。
特に、文字列を数値に変換する際には、
無効な入力によるNaN(Not a Number)
という結果に注意する必要があります。
これらを適切に処理することで、
より堅牢なアプリケーションを作成することができます。

TypeScriptを使用することで、
このような型変換を含む多様な操作が、
型の安全性を保ちながら行えるため、
開発者はより信頼性の高いコードを書くことができます。

誰かの参考になれば!

コメント

タイトルとURLをコピーしました